Q4.搬送用チェーンの張力分布

一般的な水平搬送モデル|駆動側|搬送物とチェーン重量の範囲(従動側に近くなるにつれて漸減)|チェーン重量のみの範囲|従動側|チェーン重量のみの範囲|線の長さで張力の大きさを表しています|搬送側ガイドレール|※便宜上、内リンクのみで表現しています。

図は、一般的な搬送用のモデルで、張力分布を示したものです。
複数の搬送物が積載されているため、位置によって、チェーン張力が違います。
搬送側の駆動スプロケットに最も近い位置で、チェーン張力が最大になります。
おなじ搬送側でも、従動スプロケットの直前では搬送物が無いため、張力は小さくなります。(この点が動力伝達のモデルとは異なります。)
スプロケット上では、搬送側(上側)からリターン側(下側)に進むにつれて張力は減少します。
搬送用のレイアウトでは、駆動〜従動スプロケット芯間距離が、かなり長いことが多く、その場合、チェーン重量を張力に加算する必要があります。

印刷する